ホワイトニング|高槻市芥川町で歯科をお探しの方は細田歯科まで

電話予約

ホワイトニング

ホワイトニングWHITENING

歯科のホワイトニングで削らずにナチュラルな白い歯に

ホワイトニングでお悩みを解消しませんか?

  • 歯が黄ばんできた
  • 本格的に歯を白くしたい
  • 家で手軽に歯を白くしたい
  • 歯を出して笑うのが恥ずかしい
  • 結婚式までに歯を白くしたい
  • 歯を削らずに白くしたい
  • 1回の施術で白くしたい
  • 市販品やサロンでは白くならなかった

「昔に比べて歯が黄ばんできた!」「結婚式などのイベントまでに歯を白くしたい」など歯の色に関するお悩みはありませんか。今まで、市販品やサロンなどのホワイトニングに満足できなかった方も、歯医者でのホワイトニングで本格的な白い歯を手に入れることが可能です。

歯の黄ばみ・変色の原因

歯の黄ばみや歯の変色の原因は、嗜好品や着色しやすい飲食物です。喫煙されている方は、ヤニを定期的に落とさない限り歯はまた黄ばんでしまいます。
また、コーヒー、お茶、カレーなど色の濃い物や着色しやすい成分が含まれている食材を好んで食べる方は着色が目立ちます。
さらに、歯は身体と同様に加齢変化が起こるのも原因のひとつです。歯の表面のエナメル質(白い)という層が薄くなり、内部にある象牙質(黄色っぽい)という層が透けて見えるようになります。

歯科のホワイトニングで歯を漂白

歯科のホワイトニングでは歯を漂白することが可能です。薬事法により、歯科では「過酸化水素」や「過酸化尿素」の取り扱いが認められています。これらの薬剤は、歯の内部にある黄ばみを分解して脱色させる漂白効果が得られます。歯の表面にある黄ばみではなく、歯の内部の色まで白くすることが可能です。
本来の歯の色以上の白さを手に入れたいのであれば、歯科のホワイトニングをおすすめします。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングの特徴

  • 国家資格を持つ歯科医師または歯科衛生士によるホワイトニング
  • 歯医者に通いホワイトニングを受ける
  • 薬剤を塗り、光を照射して施術を行う
  • 1回の施術で効果が得られるケースも
  • 即効性はあるが後戻りが早い
  • 施術時間は1時間程度
  • 知覚過敏になりにくい

事前に歯の色をチェックして、理想の白さになるまで繰り返し行う(3〜6回)ことで希望する白い歯を手に入れられます。もちろん、1回の施術でも効果を感じられますが、後戻りが早いのも特徴です。
できるだけ早く白い歯になりたい方におすすめです。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングの特徴

  • ご自宅で自分自身でホワイトニングを行う方法
  • オーダーメイドのマウスピースと薬剤を使用
  • 毎日2時間程度行うことで徐々に白さを実感できる
  • ゆっくり時間をかけて行い、後戻りが少ない
  • 知覚過敏になりやすい

ご自宅や仕事中など好きな時間にホワイトニングができる方法です。まず、歯医者でホワイトニング用のマウスピースの型取りを行います。その後、マウスピースと薬剤を自宅に持ち帰り、毎日2時間程度行うことで効果を得られます。個人差はありますが、2~3週間程度で白くなったと実感できます。ホワイトニングに歯科へ通う時間がない方におすすめです。

ホワイトニングの白さを持続させたい

タッチアップ

タッチアップは、ホワイトニングした歯の色が完全に元に戻る前に、ホワイトニングを再度することで白さをキープします。6〜12カ月おきに必要に応じてホワイトニングを行います。また、ホワイトニングの効果をより感じたい方は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行う「デュアルホワイトニング」もおすすめです。定期的にホワイトニングすることで、ホワイトニング効果を持続できます。

メンテナンス

ホワイトニング終了後も、定期的に歯医者に通い歯の色の経過や知覚過敏の症状をチェックしましょう。また、定期的に歯医者に通うことで、むし歯や歯周病の早期発見にも繋がります。

ホワイトニングの注意点

  • ホワイトニングの効果には、個人差があります。

  • ホワイトニング後は、一時的に歯がしみたり、歯ぐきが痛むことがあります。

  • 神経を抜いた歯、抗生物質(テトラサイクリン系)で変色した歯、加齢による重度の黄ばみ、先天性の歯の変色など、お口の状態によっては、ご希望に添えない場合があります。

  • ホワイトニング直後、約48時間程度は、着色しやすい状態です。色の濃いものや酸性の食べ物は避けましょう。

以下の方は、ホワイトニングをご遠慮いただいております。

  • 妊娠中や授乳中の方…赤ちゃんへ影響を与えるおそれがあります。ホワイトニングは卒乳後がおすすめです。

  • むし歯や重度の歯周病の方…まずはむし歯や歯周病の治療を行った後にホワイトニングを行いましょう。薬剤がしみる可能性が高くなります。

  • 入れ歯や差し歯の方…ホワイトニングの効果は天然の歯のみにあらわれますので、人工の歯には期待できません。

  • 無カタラーゼ症の方…ホワイトニングの薬剤を分解できないため、ホワイトニングは行えません。治療前に問診や検査で確認させていただきます。

  • エナメル質・象牙質形成不全の方…エナメル質に入ったキズやひび、また歯周病などでむき出しになった象牙質に薬剤が浸透し一部が濃く白くなってしまう恐れがあります。

専門家による治療|歯科口腔外科について詳しくはこちら

セラミック治療で真っ白な歯に|審美治療について詳しくはこちら